読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

☆にちにちこれこうじつ☆猫と街と日々のとりどり

藤とスカイツリーのコラボ〜亀戸天神藤まつり

亀戸天神は何度か訪れたことがありますが、藤の季節に訪れたのは初めてです。

 

100株以上あるという藤棚の藤が満開になり、見事です。

kameidotenjin.or.jp

 

亀戸駅から徒歩15分ほどの道のりの間に、商店街で鯉のぼりまつりを開催中でした。
鯉のぼりの数が半端ない!

f:id:vt-maguna:20170501170403j:plain

 

駅前の通りでは歩行者天国をやっていました。
中古CDがなんと一枚10円から売っていました。
大道芸もやっていました。

www.total-e.net

f:id:vt-maguna:20170501170816j:plain

のどかな休日を楽しめます。

 

歩行者天国の突き当たりまでいくと、亀戸梅屋敷という観光施設が。櫓が目印!

f:id:vt-maguna:20170501171451j:plain

亀戸梅屋敷 | Kameido Umeyashiki

f:id:vt-maguna:20170501171421j:plain

江戸切子やお菓子など道の駅のような品揃えと、イベントスペースもあるようで、寄席なんかもやっているみたいです。
近々けん玉フェスティバルもやる予定。面白そう。

f:id:vt-maguna:20170501171823j:plain

ここにもたくさんの鯉のぼりが!

 

梅屋敷からもう少し行くと亀戸天神に到着。日曜日で屋台も出て賑わっています。

f:id:vt-maguna:20170501172018j:plain

境内にある赤い太鼓橋の上から見下ろすとこんな感じ。大撮影大会です。

f:id:vt-maguna:20170501172128j:plain

スカイツリーをバックに。ライトアップもしているようで、夜も綺麗でしょうね。

 

f:id:vt-maguna:20170501172240j:plain

f:id:vt-maguna:20170501172803j:plain

小さい花弁が丁寧についている感じでかわいらしい。

f:id:vt-maguna:20170501173024j:plain

サギや亀、鯉がお出迎え。

f:id:vt-maguna:20170501173151j:plain

こちらの藤は色が濃い。この色もまた素敵。

 

亀戸を訪れたこと自体が久しぶりでしたが、大道芸や鯉のぼりなど、なかなか画期のある町で楽しめました。

藤の美しさは一見の価値ありです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村

千鳥ヶ淵の夜桜

桜はいまは東北から北海道で美しいでしょうか。
今年の東京は花見に出かけられる週末は天気に恵まれず、残念な方も多かったと思います。

 

靖国神社には例年屋台も出たりして賑わいますが、なんといっても美しいのは千鳥ヶ淵

ライトアップ期間は夜桜の幻想的な眺めを味わえます。

 

f:id:vt-maguna:20170417162435j:plain

f:id:vt-maguna:20170417162645j:plain

月と桜の共演。

f:id:vt-maguna:20170417163034j:plain

千鳥ヶ淵の素晴らしさは、なんといっても堀の向こうにもダイナミックな桜を少し遠くから眺められること。

f:id:vt-maguna:20170417163218j:plain

f:id:vt-maguna:20170417163250j:plain

f:id:vt-maguna:20170417163330j:plain

f:id:vt-maguna:20170417163413j:plain

色が変わるライトアップも。

 

昼間も大変な混雑です。昼間は真っ白な桜がまた圧巻ですが、ライトアップされた桜もまた独特の雰囲気がありますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村

東京のど真ん中で森を歩く

附属自然教育園

都内にいながらにして自然に親しめる場所は、実はいろいろあります。

附属自然教育園は東京都港区白金台にあり、現在は国立科学博物館の附属自然教育園となっています。

 

www.ins.kahaku.go.jp

 

上記ウェブサイトによると20ヘクタールもある土地に豊富な植物や昆虫、鳥類が観察できるそうです。入り口すぐの管理棟では代表的な鳥が紹介されています。

f:id:vt-maguna:20170325222524j:plain

うっそうとした森の中を散策。

f:id:vt-maguna:20170325222819j:plain

f:id:vt-maguna:20170325222956j:plain

ひょうたん池は静けさに包まれている。

f:id:vt-maguna:20170325222920j:plain

f:id:vt-maguna:20170325223128j:plain

f:id:vt-maguna:20170325223157j:plain

f:id:vt-maguna:20170325224034j:plain

室町時代の豪族が館を構えたらしいあたりから、様々な歴史を経てきています。江戸時代の屋敷の庭園の名残などもありますが、現在では庭園の面影はいくつかの松などに残されている程度です。 

 

f:id:vt-maguna:20170325224008j:plain

水生植物を見ながら散策ができます。

f:id:vt-maguna:20170325224059j:plain

大きく括って広々とした公園は東京23区内にもいくつかあります。

江戸時代などに作られた庭園を鑑賞したり、広い芝生で家族でのんびりピクニックができたりと様々ですが、附属自然観察園はその名の通り自然観察をメインと考えるのがいいと思います。遊んだりくつろぐというよりは、まさに森の中を歩く感じ。

隣接して首都高や地下鉄も通っていて、まさに都心のど真ん中。
行楽列車に乗らずにふらっと自然に親しめます。
隣には庭園美術館もあります。

 

www.teien-art-museum.ne.jp

 

こちらは宮家の邸宅でした。アール・デコ様式の建物も素敵な美術館です。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京 その他の街情報へ
にほんブログ村

 

古いカメラを処分しました

クローゼットを占領していた古いデジタルカメラ。先日処分しました。

 

きっかけは家にかかってきた電話。

リサイクルショップで「カメラなどありませんか?」と聞かれて

そういえば! と思ったのですが、よくわからない業者なので、話しながらネットで調べてみました。

 

カメラでもなんでもと言っているが、実は金目のものを安く買い叩くために家にやってきてかなりしつこく不用品を出せというのだそう。

もともと入り用なものはなさそうだけれど、対応するのも面倒なのでやめました。

なんと近所に住む母のところにも同じ電話が。母もそういえば古いカメラがあったと話していましたが、実際はきてくれるようには頼んでいませんでした。

 

それにしても、カメラバッグごといらないとなるとかなりのスペースをとっている壊れたデジカメ。

 

ビックカメラで買取をしているというので持って行きました。

f:id:vt-maguna:20170306155830j:plain

デジカメです。Eos Kiss digital X。10年くらい前の発売。最近までたまに使っていましたが、いよいよ動かなくなりました。 

もうひとつ、写真に撮り忘れたのですが、15年くらい前のフィルム一眼レフ。こちらも壊れています。

 

実家に埋もれていたフィルムカメラOLYMPUS CM10。1979年発売らしいです。古い!

そういえば子どものころ、これで父が撮っていたなぁ。

f:id:vt-maguna:20170306155942j:plain

あとは安そうなコンデジ。こちらは10年くらい前のものか。

 

値段がついたのは、EOS Kiss だけでした。1600円強くらいでした。

まあ、壊れているし、処分に困っていたので、引き取ってもらえればよし。
と思っていましたが、店員さんより、CM10はアキバあたりでもしかしたら多少は値がつくかもと言われました。

 

そういえば、以前大量のレコードを処分した時、最初はDisc Unionに持って行ったのですが、値がつかずに返された主に邦楽レコードを、同じ神保町にある邦楽の多いレコード屋に持って行ったらわりと何千円にもなったことがありました。

それぞれ需要のあるところに持っていくといいのですね。

 

クローゼットがだいぶスッキリしました。あとはビデオカメラもあるので、テープのダビングが終わったら処分したいと思っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
にほんブログ村

ニャンニャンニャン 猫の日だニャン

2月22日。猫の日なんだそうです。

 

NHKの番組でも紹介するメジャーな日?
最近は猫の人気が高いそうです。

高齢化社会には散歩や世話の手間がかかる犬より放っておける猫が楽だから?などという意見も。

実際我が家も猫だから気楽に飼えますが、犬は飼わないだろうなぁ。
全く別の楽しさはあると思うのですが、なにせズボラなので、かわいそう。

 

 

↑私の背中でやってくれるといいのににゃぁ。

 

まあそんなところも、放っておいてよという自然体も、単に自分が猫が好きなんですけど。
それにしても家猫は怠惰ですね。当たり前だけどなんもしない。

 

怠惰すぎてかわいそうになってしまう。

我が家のニャンコは私の着る毛布(これまた怠惰グッズですなぁ)をママと思っています。
いったい何歳なんだ。自立せんのか。一生赤ちゃん気分なんでしょうかね。

避妊しちゃって子どもを生む喜びを与えられなかった責任を感じつつ…。

 

実家の猫も同様マイ毛布を持っていましたね。

 

基本的には楽チンなものが大好きな私と猫は大抵楽チングッズ取り合いになります。

私も怠惰だなぁ…。

 

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村